上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.21 自覚。


どうも、ボクです。




やらなきゃいけないことが沢山あるんだけどどうも現実逃避の病から抜けられない・・・。楽な方、楽な方へとボクのカラダはなびいてばっかり。今日も一つのタスクが終わった勢いで『24』。もちろん、やらなきゃいけない課題はたくさんあるけど、ボクのテレビの電源がついていないのは寝ているときと、家にいないときだけ。無類のテレビっ子はこれだから困る。こんな生活で、タスクを上手くこなせないもんだから、ストレスがたまるんだけど、そのストレス解消方法もテレビをみることだから、魔のサイクル。そんな中でイラツイタ今日の出来事。



以前からそうだったのだが、大学の講義が始まるとき教授が話し始めても無駄話をやめないヤカラがいる。そのヤカラはいつも同じメンツのはずです。なんせ声が同じだからいいかげん耳に焼き付いている。そのヤカラはいつものように、講義が始まっているのを気付いていないかのように自分たちの時間を楽しんでいる。そして、決まって同じ教授に注意を受ける。すると自然とそのヤカラはおとなしくなる。だから、ボクはいつも心の中で叫んでる。



「大学生なんだから、そんなことで注意を受けてんじゃねぇ~よ。そんで注意受けたことに従うってことはその行為が場違いだって認識してんじゃん。なら最初っからそんなことすんなよ。」



ってな感じで・・・。



寝不足で講義に望んでいるときはなおさらイラツイてしまう。でも何が一番イラツクってそのヤカラはオレより全然優秀なこと。正直、ボクは勉強ができる人に対して尊敬の念を常にもっている。ボクはこの世に天才なんていないと思っているからだ。勉強ができる人は必ず見えないところ、または他の人が何もやっていないときに努力をしているはずだ。ボクはその努力がどうしてもできない。楽な方、ずるい方へとすぐに手をのばしてしまう。だから、尊敬の念をもっている。



だけど、あのようなレベルの低いことをするような人間をボクは尊敬するどころか、逆に下に見ている。そして考える。「あぁいう奴らが、脱税・年金未納・粉飾決算・インサイダー取引・強度偽造するんだろうなぁ。」と。



もぅ二十歳なんだから、いいかげん大人になりましょう。



これはボク自身への忠告でもあります。
いいかげんテレビから卒業しなきゃ・・・










↑↑いつもクリックありがとうございます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/6-516a16fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。