上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



CIMG0768.jpg




いつ買ったのか、なぜこの本を買ったのかの覚えていないけど
本棚の中に眠っていた1冊。



世界に満ち溢れている逆説を実例や
多くの著名人(作家、思想化など)の言葉を用いて
紹介してくれていた。



そんな中で自分にHitした言葉の数々をここで引用します。







われわれ人間が偶然と考えるもののほとんどは、われわれには見えない必然的因果連関の帰結


(何をテーマに論文やレポートを書いていいかわからない学生に対して)
「テーマを見つけてから図書館に行くんじゃない。ただ頭のなかであれこれ考えていたってテーマなんか湧いてこない。図書館に行ってあてずっぽうに本を十冊ほど借りて読んでみろ。かならず面白いテーマが見つかる」。


悪しき予言が「感情・神経・身体」という複合体を悪しき方向へ連動させるのに対して、・・・、(良い)予言がおなじ複合体をよき方向へ連動させる・・・。


下等動物ほど記憶が正確で、しかも長持ちする。だが、かえってそういう記憶は融通がきかず、応用がきかないために役に立たない。一方、人間の脳は、他の動物とは比べものにならないくらい、その記憶はあいまいでいい加減なのだが、むしろそこに人間の臨機応変な適応能力の源がある。


ひとたび言語が出現するや、人類はそれを用いて概念を他者とやりとりしたり、頭脳のなかにストックしたり、他の概念と結合させたりする能力を飛躍的に発展させることができるようになる。そして新しいタイプの記憶、つまり経験を言語によって蓄積するところから出発して、ひとは過去の経験にもとづいて未来を予測したり、状況によって自らの行動を設計したり、異種の経験と経験を結合させることによって抽象的な因果法則を見出したり、いままで経験しなかった経験を想像したり、それらを他者と共有したり、子孫に伝えたりすることが可能になる。つまり、カメラ的記憶能力の喪失が、人類に理性と文化という大きな恩恵をあたえることになった・・・。


ハンディキャップが人類の飛躍的進化のおおもとだとして、そのハンディキャップのもとは突然変異、つまり偶然生じたDNAのコピーミスである。だとすればエラーや間違いこそ、人類進化の根源ということになろう。


「エラーは差異を生み、差異は多様性を生むことによって、生命の存続に寄与している」
突然変異という自然界のエラーから人類は知性をそなえた人類となり、文化をつくり出してきた・・・。


まことに幸運なことに偶然のエラーのおかげで、人類だけが身体と本能を失い、その代償として知性と言語を獲得した・・。知性と言語で文化を創造することによって、人類は他の動物のように自然環境に自己を適応させていくのではなく、どんな自然環境でも自分の都合のいいように加工し、むしろ自己に適応させていく力を手に入れたわけだ。その結果として人類は、どんな自然環境へも進出できるようになったわけである・・。


個々人にとって、人工環境はかつてないほど高度化し、適応しやすくなっているわけだが、その基盤となっているのは、言うまでもなく社会環境と情報環境の高度で複雑な発展である。
これはあきらかに、ひとびとがかつてとは比べものにならないほど高度で複雑な社会環境・情報環境に適応しなければならないことを意味している。そして、それはとりもなおさず不適応者が大量に発生すること、また社会環境・情報環境が高度化・複雑化すればするほど、その数が増加することを意味する。







(本文をそのまま、一部加工して引用しました。誤字脱字あるかもしれませんが・・・)



この本を読んで感じたことは、これらの言葉に集約されているんだけども、
さらに感じたのは、逆説だらけの世の中に生きていることに気付かなかった自分がいたということ。



現在の自分の現状だけでなく、世の中の現状は
過去の自分、さらに人間の選択の結果による必然だと思っていたけど
単なる必然ではなく、快適な日常を求めた逆説的な必然によるものだと思った。



知性を持っている人間として、
どんなことに関しても進歩や向上を試みる行為を決して止めてはいけないと思う。
でも、その進歩・向上とともに、それに伴う不具合とも向かい会わないといけない。
そして、その不具合は改善しても、なお、新たな不具合を生む。
これが無限に繰り返される世の中だけれども、
これらのサイクルから決して逃げ出さないことが
知性を持った生物としての責任だと思う。



そんなことを考えさせてくれた1冊でした。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/235-e011ba37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。