上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



CIMG0743.jpg




ネットで紹介されていて、それを本屋で見つけて、衝動買いした1冊。
「理系のための口頭発表術」。
とても、人ごとではない気がして、買ってしまった。
列車に乗っているときに、眠りこけながら、半分読んだので、
怪しい部分もあるが直ぐに読み終わった。



既に聞いたことのあるような項目も多少あったが、
直ぐに実践したいと思った項目や、
もっと早くに知っておきたかった項目もあったので、
読んで損しないというか、
学生の、しかも、なるべく早いうちに
一読しておくべき本だと思った。



ただ、
実際の発表の例を挙げて、具体的な説明が多かったのが、
序論に書いてあった通り、
著者自身の専門分野である分子神経生物学や遺伝学、細胞生物学の発表例が多く、
読書力が未熟な自分にとって、読みづらい、
というか、理解しにくかった部分が多々あった。



でも、各章の終わりにその章の重要事項をまとめものが再び掲載されていたので、
その理解できなかった部分を補えたと思います。
要するに、
そのまとめだけを見れば、この本全部読まなくてもいいってことになるけど、
そこらあたりは、追求しないってことで。



自分が、発表する機会に巡り会えたときには、
この本のまとめ部分に頼ってみようと思いました。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/214-79c91b9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。