上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



推薦試験の結果が届きました。とりあえず、学内推薦者の資格を獲得し、学力試験を免除されるそうです。でも、面接試験があるから、これで合格と喜べないのが、何か腑に落ちない。まぁ、学力試験が免除されだけ喜ばなきゃいけないんだけども。



それを報告するのに久しぶりに母親に電話した。母親は喜んでくれたけど、それ以上に自分が春休みに何しているのかを不安視していた。自分はそれなりに考えて過ごしていると伝えても、受け流されて終わってしまった。自分がそれなりに真剣に物事を考えるようになって、まとまってきた考えでも、親は即答で批判する。自分の意見に対して、まだ子ども扱いされるてしまう。これは母親に限ったことではない。父親と話しても、真剣に聞いてくれいるのかわからないくらいに、受け流されてしまう。というか、素直に認めてくれない。最後まで自分の話を聞かずに、反対意見というか、向こう側の意見で押しくるめられてしまう。親からしてみれば、自分はマダマダ子どもであり、マダマダ甘い考えしか持ち合わせいないみたい。それか、自分の意見をちゃんと伝える能力がマダマダのようだ。



親をアッと言わせるような筋道の通った考えや、それを正確に伝えられる能力を早く身につけたいと強く思った。それが一番の親孝行になるのかとも思った。ヒトリ立ちするにはまだまだ遠い道のりのようです。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/206-5216d8c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。