上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



今日、来年度に受講できる特別講義の説明会に参加した。企業の方々から直接指導をいただける、実践形式の講義で、とても忙しくなるが、自分のスキルアップには間違いないということので、結構乗り気になった。でも、その説明会に来ていたのは自分も含めて5名くらい。説明に来てくれたのは教授陣が7名にその講義を今年受けていた先輩2名。聞いている人間の方が少なくて、あっけに取られてしまった。先生方の力の入り方は説明を聞いて充分伝わってきたから、もっと他の人もこの機会を利用すべきだと思った。



そんな説明会の中で、先輩から受講した感想などを聞く時間があった。少人数の聴講者ではあったけども、広い講義室での説明会だったので、マイクを使っての先輩からの説明。しかし、先輩の説明など全く頭に入ってこなかった。先輩のマイクの持ち方に目を奪われていたから。



2名の先輩は二人とも、今にもカラオケで熱唱するかのようなマイクの持ち方だった。正直、ちょっと引きました。公式の場であの持ち方はどうかと思った。人差し指、中指、薬指を上側で、親指と小指を下から挟む感じだったり、マイクの先端部の限りなく近いところをもったり、普通に持ってるけど、だんだん小指、薬指あたりが立ってきたり、マイクの下端がだんだん上を向いてきたり、左、右、左と何回もマイクを持ち替えたり、マイクの動きと指先の動きに目を奪われすぎました。



自分もカラオケでは、テンションが上がって、そのようなマイクの持ち方になってると思うので、大きくは否定できませんが、学校のような公的な場では意識して控えて欲しいと思いました。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/168-8716c961
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。