上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



昨日の辞めたはずのバイト先の忘年会の話。行くぎりぎりまで乗り気じゃなかったせいか、集合時間にまだ家にいるという失態。先輩からの電話で急いで行くも、飲み物もすでに注文されていて、オレ待ち状態。さらにいずらくなった。微妙な席順だったし。辞めたバイト先の人たちとそこまで話すことないし。最初の方は久しぶりに会ったせいか、話すこともあったけど、2時間も立つと尻ツボミ状態。たぶんまた、つまらなそうな顔でもしてたのだろう。先輩が「大丈夫?」と気を使ってくれた。やっぱり、ここでも自分の感情を露骨に表情に出してしまった。自分の感情を表に出すことなく、円滑なコミュニケーションができる技術を磨こうと、このときも感じた。



バイトの人たちと会うたびに、「今度飲み行こうよ!」とか今度また会いましょう、みたいなセリフでお別れする。そんな中でホントに飲みに行こうと連絡する人はもちろんいない。社交辞令だからだ。



自分はこの社交辞令ってやつが死ぬほど嫌いだ。もちろん、円滑な社会的コミュニケーションを実現するために社交辞令が必要なことは重々承知しているつもりです。だから自分もそんな社交辞令を周りの人と同じように使っているし、下手したら誰よりも多く使っているかもしれない。



でも、この上っ面な人間関係が死ぬほど嫌いだ。だから、社交辞令をつい言ってしまう自分に対しても凄いストレスを感じる。でも、明日からも普通に社交辞令を使ってしまう自分がいるだろう。いや絶対に使う…。もっと社交辞令に強くなれるような人間にもなりたいと思った。ってか、どんなことも割り切れる人間になりたい。



ちなみに、この飲み会で一番ショックだったのが、
「私は好きだからね」って先輩が言ってこと。
この背景にあるものはご想像にお任せします。



端的に言えば、失恋ですかね・・・。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://karyugurashi.blog71.fc2.com/tb.php/144-07fa8d3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。