上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卒業研究がほぼ終わろうとしている。
先月末に卒論提出したものの、先週の発表会で受けたコメントから、再実験を行い、
そのことを卒論に追加するかを検討している。



そんな中で、修士論文発表会を聴講した。
2年後の自分のあるべき姿をイメージできたかもしれない。
それと同時に、2年後に自分があそこまで成長できるのか不安にもなった。



同じ研究室にあんな凄い先輩がいたのに、
その環境を活かせないまま、先輩は卒業してしまう。
もっと、積極的に関わって、自分自身を成長させたかった。



現在の自分に至るまで成長できたのも、
凄いと思える人たちとの出会いがあったからだ。
自分は忍耐力がなく、自分が優位に立てるような小さい箱で満足してしまう。
だから、これまで身近にいた凄い人たちとの出会いがなければ今の自分は存在しない。



現状の自分に満足するようになったら、
そんな凄い人のいる環境に目を向け、
少しでも自分を成長できるように行動する。



卒業研究に取り組んだ、今年度の一年はその行動が足りなかった。
修士の2年間では、そんなことを意識しながら、成長していきたい。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。