上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.15 神のお示し。


先週、ひきこもりの現状を変えるべく、アルバイト情報誌を眺めた。



そのときに、近所の飲食店の募集広告が目に留まったが、
大学4年の夏休みも終わろうかとしている今時期に
新しいアルバイトを始める余裕があるのかどうか迷い、
その時はスルーしてしまった。



しかし、昨日の出来事が頭から離れなかったので、
もし、そのアルバイト広告がまだ残っていたら、
そこに応募して、現状打破のキッカケをつくる。

もし、そのアルバイト広告が残っていなかったら、
現状打破を新しい境地に求めるのではなく、
学業に勤しむ中で現状打破を探る。

と決めて、コンビニに向かった。





学業に勤しむことになりました。


スポンサーサイト


辞めて1年になるけど、そのときのバイト先輩に月1ぐらいで飲みに誘われる。



昨日も誘われた。
3、4人で飲むと聞いていたのに、行ってみたら、10人近くいて、
さらに、自分の知らない先輩たちばかりで、完全に同窓会的空気。
自分には場違いな空気感を初っ端から、ずっと感じた。



そんな自分以外は、みな社会人。
先輩に対する気の使い方や、その空気感に呑まれている自分への気遣いなど、
実社会の中で身につけてきたコミュニケーション能力を垣間みた気がする。



それとは対称的に、
バイトを辞めて以来、ほぼ家に閉じこもっている自分のコミュニケーション能力は
衰えの一途を辿っている。
どうにかしないと感じた一夜。



1ヶ月ぶりのアルコールなのに、8時間以上の飲み会はきつかった...





あえて、何もしない。



何もしない、二日目。
すでに危機感が背筋を襲っているのがわかる。



明日からちゃんと作業できるように、学校にいく。






帰省時期になると読書週間が復活する。



















この4冊。



今年の累計33冊。年内に50冊読めるか、読めないかのペースだな。


誰にも左右されることない自分らしさ。



他人に左右される人生、
他の人の目の色ばかり伺っている自分に嫌気がさして来た。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。