上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。







友達から借りて読んだ1冊。
この本から、今の自分に足りないものを知れたと思う。
まぁ、わかってはいたんだけども、社会に出るまでに絶対に改善したいと思った。
それは、「自己抑制能力」



言い始めたらキリがないほど、全く未熟な人間だけども、
そんなひとつひとつの能力を磨くためにも、
自分を律する能力を真っ先に磨く必要があるんだと感じた。



学生生活も2年間延長したので、その間に何とか成長したい。



スポンサーサイト


どうも、ボクです。



自分は負けず嫌い、なはずである。



勝負に負けたとき、
他人よりも劣っていると感じたとき、
自分の思い通りの結果に至らなかったとき、
逃げ出したいような悔しさにかられる。



だから、自分は負けず嫌い、なはずである。



本物の負けず嫌いは、現状を打破できるようになるまで、
試行錯誤、つまり、努力を繰り返すはずだ。
ただ、自分の現状を顧みると、タダの負けず嫌いではないと思う。



継続した努力のできない、負けず嫌い。
一番、たちが悪い人間だ。



一時の堪え難い感情を打破するのに、明日から頑張ればいいやと、
まず逃避という選択肢を選んでしまう。
一日か二日、爆発的にやる気が、すぐに冷めてしまい、
継続という言葉を知らない。
そして、同じ失敗を繰り返す。



たちの悪い人間だということは、十分に理解しているつもりです。
しかし、今日、今年の2月に経験したはずの悔しい思いを繰り返してしまった。



だから、今日の思いを忘れまいと、すぐに机に向かった。
(酒の力を借りたけど・・・)
そして、明日も午前中から机に向かうことを決意した。
(さすがに、明日は酒の力は借りない・・・)



継続できる努力を明日からやってやるって!
そして、今日の思いを2度と繰り返さない!





どうも、ボクです。



「昨日の自分を恥ずかしいと思うくらい、毎日成長できるような日々を過ごしたい。」
そんな思いが頭の中を駆け巡ることが多々ある。
(誰かの言葉の影響があるんだけども・・)



でも、現状は、
「昨日の自分どころか、今の自分が恥ずかしい」
という感じ。



自分の今の現状を説明するときに、他の人の話を聞いているときに、感じる。
「今やっていることすら上手く伝達できないのか」、「何気なく話す内容も理解できないのか」、と自分の無知さ加減に敏感になっている。



23歳にして、無知を恥ずかしく思う感情が芽生えて来た。
これも成長か?成長だと思いたい。



「無知は恥だ、知ったかぶりは更なる恥だ!」
これからは、こんな思いも胸に毎日を過ごす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。