上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



今日でテストが終わった。5科目。そんで、1月も今日で終わり。新年の決意とともにスタートした1月はあっという間に終わってしまった。世間一般では、一年の終わり、12月31日に今年ももぅ終わりかぁ、と思うのに、各月の終わりをあまり意識しない。同じ扱いでもいいのでは、と思ってしまう、22歳の1月は今日で終わり。



今月はインプット、そしてアウトプットを充実させたいと思ってたのに、積み上げていたタスクに追われて終わった気がする。来月こそ、インプット、アウトプットを充実させるために、タスクを計画的にこなしていこうと思う。そのタスクの目的を確実に理解し、その目的に沿って、ゴールから逆算して計画を立てる。



イキナリ上手くはいかないと思うけど、完全主義になりすぎて直ぐに挫折することなく、今年の最初にたてた目標に少しでも近づけるように改善していきたいと思う。








↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト


どうも、ボクです。



自分が日頃考えていること、学んでいることのアウトプットとして、毎日更新しようと努力しているんだけど、たまに何書こうって悩む日がある。今日がそれ。



ココに書く事も思い浮かばないくらい、つまらない一日を過ごしたのかと、ネタに困る日は荒んだ気持ちになる。テスト勉強やって、飽きて、本読んで、家計簿ちゃんと書こうって思って、テスト勉強やって、飽きて、あらびき見て、このまま寝て、朝早く起きるか、このまま限界までやって、時間ギリギリまで寝るかを悩んでる。



つまらん、キャンパスライフだ。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



自炊を心がけて、もう直ぐ1ヶ月がたつ。わりと、長続きしてるけど、いまだにできないのが、1食分をつくるということ。つまり、1人前の料理を作るということ。これは無理なんじゃないかなと思ってきた。



必ず、2,3人前になってしまう。野菜炒めでも、3種類ぐらい使いたいと思うと、完全に3人前以上の野菜炒めになってしまう。作りすぎたら、ラップして冷蔵庫に入れとけば、次の日の朝飯になったり、昼飯になったりするんだけど、あればあるだけ食べてしまうので自炊しているのに非経済的。



食事をストックすることができない。かなりの不器用。
というか、食に関して忍耐がない。小学生並み。腹八分目を実践できない。



だから、買いだめみたいなことは絶対無理。おそらく、その日、次の日ですべて消費してしまう。食生活も計画的に実践できるようになったら、一般生活も改善できるのではないかと、かすかな期待感。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



土日で悩んだプログラムを自分では解決できなかったので、友人にヘルプしてもらい、それでも解決できなかったので、打開策的に解決する結果となった。マジ友人に感謝。これまた、自分の無能ぶりを披露する結果となった。それでも自分としては、肩の荷が降りたと勘違いしてしまい、ビールを飲んで心地良く寝てしまい、ブログを更新することなく、朝を迎えてしまった。



何も解決してない。友人の助けを借りて解決しているから、自分の成長は何もない。強いて言えば、自分の無能振りを曝したことにより、やらなきゃいけないことがわかったことぐらい。でも、心地良く寝てしまい、ゴミを出し忘れたので、むしろマイナスだった。



もっとプログラムを書かないと。その助けてくれた友人との差は、明らかな知識量と対応力の差だった。知識量は多大なインプットで、対応力はそのインプットをアウトプットする中で付いてくる力だと思う。だから、自分はインプットもアウトプットもまだまだ足りない。もう、大学生活は1年しか残ってないのに・・・。気付くの遅すぎ。前にもこんなこと書いて気がするし、1月は成長の月にはならず、現在の自分に向き合うだけで終わりそうだ。



最近、よく聴く歌にこんな歌詞がある。



ぼくが歩いてきた日々と道のりを
ほんとは“ジブン”っていうらしい

(曲名):Progress (ARTIST):kokua



そんなことを実感する日々です。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



昨日、ブログを更新したあと、ガソリンを給油しに、24時間営業のセルフのスタンドへ。この時間帯は、誰もいなく、スムーズに給油ができるので、基本的にはこの時間を選んでいっている。空いているっていうのが一番の理由。でも、途中、パトカーとすれ違ったり、徘徊している老人とすれ違ったりと、一瞬ヒヤッとする場面がいくつかあるけど、この時間帯は交通量も全くなく、心地良い。でも、スタンドで、給油を終えると、自動的にルーレットが作動し、何らかのサービスが発生するときの音が自分をびびらせます。無人スタンドに響く、「タラタラタッ、タタ~♪」っていう効果音。誰が見てるわけじゃないけど恥ずかしい。リッター3円安くなったけど、なんか後ろめたい。無音でやってほしい。



今日もプログラムを書き書き、と言いたいところだけど、書き書き⇒挫折⇒DS⇒テレビ⇒DS⇒書き書き⇒DS⇒テレビ⇒書き書き⇒挫折、の繰り返しだった。特にDSの時間が長すぎた。気がつけば、DQ4のラスボス付近まで攻略してしまっていた。書き書きといっても、ほとんどディスプレイと睨めっこの時間で、「何で上手くいかないんだよ!」とイライラしていただけ。忍耐力だけでなく、情報収集能力も低いことを実感した1日だった。



インプットもアウトプットも満足にできてない最悪な日だった。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



休日は毎度のごとく、一歩も外に出ずに終わってしまった。これじゃいけないと思い、これから、ガソリンを入れて、光熱費などをコンビニに払いに行く予定。こんな時間に外に出ても何も変わらない、むしろ、あまり好ましくない気がするけど、そとの空気を吸いに行くと思えばいいかと。



今日は、昨日中途半端に終わった、グループワーク内の作業のマニュアル作成を終わらせ、いくつかプログラムを書いた。これも中途半端に終わってしまった。どうも、プログラムを書こうとすると、効率が上がりきらない。すぐに集中力が切れてしまう。集中力が続かない。どうも、プログラムを書くことが好きになれないようだ。こんなんで、進学しようとしているのだから、先が思いやられて仕方ない。そんなことを今さらながらに思ってしまった土曜日。



まぁ、正確に言うと、好きになれないというよりは根気強く書き続けられない。ちょっとつまずくと直ぐに萎えてしまう。つまづきを正すのに、ググって直ぐに出てこなかったら萎えてしまう。プログラムの本質とは違うところに凝ってしまう。結果の出力よりも、途中の見栄えだったり、表示形式に意識が行き過ぎて、プログラム本体を完成することができない。やはり、最終地点(ゴール)や目的を明確化してから臨まないと、自分みたいな芯の通ってない人間はすぐに投げ出したり、脱線したりと、時間を浪費してしまうことを実感。



根気強くやらなければ。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



吹雪の恐ろしさを実感した1日だった。寒くて起きたし、吹雪の中で車を運転して事故るかと思ったし、今も部屋の中が寒いし、ザッツ冬って感じ。最近、玄関の前が水で溢れている。部屋を出た一歩目でいきなり水につかるから、非常に気分が悪い。んで、今日、大家さんが雪かきにきてたから、言いに行こうと思って部屋を出ると、水浸し加減がそうでもなくなっていたので、いいそびれてしまった。夕方、アパートに帰って来ると、案の定、水浸しになっていた。どないやねん。しばらく我慢かな。



今日は、グループワークでやってきたことをマニュアルにする作業に追われた。追われたって言っても、そこまでやりこんでないけど。これをどこまで作りこむかが悩み様。マニュアルを作ることは自分にとっては、そこまでプラスな作業ではない。だから、簡単なメモ程度で済ませたいところだけど、今年の自分の苦労を考えると、ちゃんとしたマニュアルがあると、後輩となる人たちにとっては、作業量を半分以下にすることができるから、自分の作業が他の人に貢献することになる。



でも、見ず知らずの人に貢献するほど自分に余裕がないのが現実。この貢献がどのくらい自分に返ってくるのかってことばかりに目が行ってしまう。今のところ、残された時間でできるだけのことをやることに落ち着いているけど、どうするのが正解か、悩ましい。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



テスト期間の中休み。5個中3個のテストが終了。すでに耐力もモチベーションも限界だったから、ビール飲んで、DSやって、テレビ見て、寝た。何もしないってのは、ここまで心地良いものなかと再発見。でも、テレビは時間を浪費するものだということも再発見。時間の経ちかたが全く違う。やっぱり、テレビは必然的に受身になってしまうから、時間が流れるように過ぎ去ってしまう。自分は何の努力もいらないから、心地良いと勘違いしてしまうのだと思います。



睡眠不足も解消できたと思うので、今日は生産的に過ごしたい。












↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



テスト期間だけど、充分に睡眠をとっている。大きく寝る時間は3時間ぐらいだけど、昼寝だったり、夕寝だったりとするから、結局は6時間以上寝ている。でもこの眠さ加減っていったらハンパない。全く、生産的じゃない。ちゃんと考える時間を作れていない。こんな時はテレビが付いている時間が右肩上がりになってしまう。一方的に流される情報に対して、受身になるのがホントに楽で、心地よい。こんな感じに直ぐに廃れてしまう。



そんな中で唯一考えさせられたのが、今週の「プロフェッショナル」。正月に放送されたイチローの未公開部分の放送だった。やっぱ、別格だよ、イチローは。すごい考えてるし、常に、仮説⇒実行・検証⇒評価・改善、を行っていて、ひとつひとつの成功に満足しながらも、さらに上を目指している。それを、自分の頭の中だけでやっているように聞こえてきて、ホントに雲の上の存在として見えてきた。圧倒的な努力を継続できるのは、すごい才能だと改めて思った。



どんなに忙しくても、余裕がないように思えても、自分と向き合う時間は欠いてはいけないと自分に言いきかせていこうと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



研究室配属に関して、教授と面談があった。マンツーマンでは初めて話す先生だったので、面談の直前には少し、お腹がキリキリした。相変わらずのチキン。身のある話をできたんだか、できてないんだか、よくわからない時間だった。第一希望の研究室ではないけど、未だ確約をもらっていないため、少し行動にでてみた。第一希望の研究室の先生は若くて、今日の先生は経験豊かなベテランの先生。若い先生は興味をもってくれた内容を話しても、そのベテラン先生には通用しなかった。オレが面白いと思って卒研をやりきったとしても、こんな感じにアッサリと批判されるのかなと、少々危機感を受けた。でもその先生の独特のオーラとういか、立ち振る舞いには、若手の先生にはない威厳があった。至るところからオーラを発していたのかもしれない。言い過ぎかもしれないけど。



そんな中で感じたのが、やはり自分の見識の狭さのようなもの。現状に満足しすぎ。大したこと無いのに。その大したことない自分を肯定してくれる要素ばかり探してしまう。誰かの言葉だったり、なんかの曲の歌詞だったり。意識すれば不思議と、今の自分に言ってくれているのではないかと勘違いしてしまう。そんなところに逃げなくても、耐えられる自分に早くなりたい。毎日こんなようなことを書いてるかもしれないけど・・・。要するに、毎日葛藤してますよ。表には出てないけど、少しずつでも成長していることを信じて、ここに書き込んでいきたいと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



明日から、テストが始まる。前回のテストは進級がかかってたから、緊張感があったけど、今回は単なるフヌケ。危機感なんてものは微塵も無い。むしろ、少しは持てよ、自分。今学期が始まる時には、やる気満々で、他の人よりも余計に講義を受講して、「みんなほとんど授業ないしょ?」という声を掻き消すように、やる気に満ち溢れていたはずなのに、結局は、テストや課題の締め切りにやられている。本当に計画性のない人間。



昨日は、打算的な人生はつまらないんじゃないかと思ったけど、無計画に好きやって、後でテンテコマイになるというか、後で後悔するんだったら、打算的な生き方も悪くないなって思ってきた。ほんと、気分屋。



自分で蒔いた種は、なるべく、取り残さずに回収していきたい。っていうことで、これから悪あがきの1週間がスタート。体調を崩さないように気をつけたいと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



また、1週間が経ちました。早いものです。あっという間でした。先週は一個一個の目標に対して、振り返り、それぞれの改善を試みようとしたけど、結局は無理だった。今の自分の能力に見合ってないことをやってしまった。いきなり、上級レベルを自分に求めていた気がします。



ってな感じでまとめようと思ったけど、結局は言い訳です。そこまで、自分を律しられなかった。やはり、明確なゴールが無い限り、このどっちつかずの現状は変えられないのかなと、「レバレッジ・シンキング」を読みながら思いました。この本で言っている、「ゴールを明確化することによって、選択力が身に付き、時間、労力、お金の無駄がなくなる」が今の自分が目指している方向性なのではないかとも思った。



そう思っている反面、このような打算的な生き方は非常につまらない生き方なのではないかという葛藤もある。何も考えずに、本能の赴くままに生きている人のほうが、自分なんかよりもよっぽど出来上がった人間な気がします。たとえ、自分よりも貧しい生活をしていたとしても、世間的に見て自分よりも何か劣っているところがあったとしても。



何が正しい答えなのか、それを見つけるまでは考えることを辞めてはいけないと思ったし、死ぬ前にその答えを出したいと思った、そんな1週間でした。



来週は、その答えに少しでも近づけるような時間を過ごしたい。そうすることが、以外に自分が立てた目標を実践できているのかもしれないし、そうなってほしいと願うばかりです。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



割れ物

電源コード引っ掛けてしまい、机から落下し、割れてしまった。ガラスが割れるってのはこんなに嫌な思いをするものかとは、思ってもみなかった。このまま捨てようと思ったけど、瞬間接着剤があるのを思い出したので、ちょっと組みなおしてみた。



再構成1




再構成2




破片ひとつひとつをくっつけていくごとに、写真に収めておこうと思ったけど、同じアングルでとればいいじゃんって思ったのが、2、3個くっつけてからだったから、時既に遅し。



完成版




ってことでくっつけられる大きな破片をつけ終わったのがコレ。破片と破片の間の隙間が痛々しいというか、自分の手先の不器用さに滅入ってしまう。一応、電気もつけてみました。



点灯




これをお洒落なインテリアとなるのか、ならないのかは明らかですが、くっつけてみたら、捨てずらくなりました。ってか、部屋を整理整頓してないから、こんなことをやらかしてしまったのだから、部屋の整理整頓が急速なタスクなのかもしれない。



テストまで、あと3日。勉強せずに部屋の片付けにはまりそうです・・・。






↑↑
ポチッとな。






↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



また、更新せずに寝てしまった。何度目だ?こうなったら、夜に更新じゃなくて、朝に更新するようにしたら、忘れないのか。でも、夜に書くことで、その日1日を整理できて、明日の改善につながるのだから、寝る前に更新するのがベストじゃないかというのが、今の自分の中での見解。



あと、こう何度も決めた目標やタスクを守れないのは完璧主義すぎるところにも起因するのかと思った。完璧にこなせる能力がないのにもかかわらず、最初から完璧な目標を立てたり、決めた目標を100%実行しようとするから、ちょっとしたことで、上手くいかなかったり、忘れてしまったら一気にモチベーションが下がってしまうのかもしれない。書きながら思ったけど、こんなことは、既にどっかで読んだことで、世間一般では既知な情報でした。そんな感じに既知な情報すら、実践できない自分を変えていかなければならないと思った。



昨日、ネットサーフィンしてたら見つけました。「毎日5%でも改善する」。それで充分なのではないかと、実感した日となりました。



今日の自分は、昨日の自分より5%改善したと言えるように過ごします。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



昨日はグループワークの飲み会。先生も交えて、ああでもない、こうでもないと一年間の活動を酒を飲み、鍋を食いながら、多いに語り合った。活動中には言えなかった苦労話や愚痴話が一番盛り上がる。自分と同じ思いを共有できたことに歓喜する。アルコールはそれらの感情に拍車をかける。そんな時間が楽しくてたまらない。でもそんな楽しい時間は、アルコールが徐々に抜けていくと一緒に、虚しさや罪悪感に代わっていった。



他の何かを批判すると、その批判が自分に返ってくる気がした。自分が批判したことを、自分ができない、自分も同じことをしている、それよりも劣ったことをしていると、自分は他の人からさらに批判を受けるのだ、自分はそれ以上の器・力量の振る舞いをしなければいけないという危機感を感じた。



口は災いの元と言うけれど、まさにこのことなのかなとも思った。当たり前のことか・・・。そんな当たり前のことを今さら知るなんて、また、未熟な自分と向き合うことになった。



今日の自分は、昨日の自分よりも成長していたのかな。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



協調性とは何なのかを考えた日だった。自分は協調性を意識して、重んじて、社会生活を営むべきだと考えている。だから、自分は空気を読もうと心がけてます。そして、空気の読めない人は、協調性がない人なんだなと思ってました。



でも、そんな空気の読めない人、協調性がない人を見ていると、その人はただ自分の意見を曲げたくない人なのではないかと思った。自分の意見に揺ぎ無い自信があるから、自分の意見で納得させようとしているのではないかと。その一方で自分は、他の人たちとの輪を乱さないように自分の意見を押し殺しているだけなのかもしれない。自分の意見に自信がないから、そのように振舞っているだけなのかもしれない。自分の意見に揺るぎ無い自信があったら、その空気の読めない人、協調性が無い人になっているではないか。



こんなことを、昼間に考えていたけど、これを書きながら思ってきたのは、その空気の読めない人、協調性が無い人ってのは、結局のところ、その自分の揺ぎ無い自信のある意見の伝え方が下手なのではないかということ。コミュニケーションスキルが未熟なだけなのではないかとこと。そういった人たちは、~を伝えたい!という思いが強すぎて、相手がそのことをどう受け取っているかに意識がいってないのではないだろうか。



こんな、偉そうに上から目線のように言っておりますが、自分はそんなことをできる器ではありません。そういった意味で、自分も空気の読めない、協調性のない人間なのかもしれません。自信のある意見を上手く伝えられるような、コミュニケーション力を磨いていきたいと思いました。そのまえに、自分に自信が持てるような努力が必要なのかもしれませんが・・・。



明日も、今日の自分より成長できるように精進します。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



眠い。朝方の生活に切り替えて1週間が経った。だから、この時間は眠くて仕方ない。まだ1週間かという感じ。目標としては、24時に寝て、6時におきようとするんだけども、大抵、寝るのが25時とか26時になってしまうから、起きるもの7時とか8時になってしまう。朝方の生活にしたからには、午前中はもちろんのこと、朝の1,2時間をもっと有効に、効果的に、生産的に過ごしたい。



自分の中では、有意義に過ごしたいと思っている時間だが、ここ1週間はRSS登録しているブログを読んだり、昨日録画したビデオをみたり、昨日やりきれなかったタスクをこなしたりなど、全く有意義じゃない。ゆっくり本を読む習慣を身につけたいのが本心です。



明日こそ、精進した一日を送れるようになりたい。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



学校が始まったものの、ほとんど授業がないから今日までの3連休は特に関係ないと思ってたけど、3連休を振り返ってみると、やっぱり連休だったのかなと。それは結局はダラケタ生活を送ってしまったから。



それなりに、やることはやったけど、やらなきゃいけないことを残しつつ、過ぎ去ってしまった3連休になった。一番のだらけていた原因は、この3連休で誰とも会話らしい会話をしなかったこと。話したのは、宅急便の人が来て、「ご苦労様です」って言ったことと、コンビニ行って、ポイントカードの有無を聞かれて、「ありません」って言ったことぐらいだと思います。もっとアクティブにならないと…。



人と喋らない反面、自問自答をたくさんした3日間だったと思う。来週こそは病院に行かないと危ないかな?とか、やっぱり人間は子孫を残すものなんだな・・・とか、同じ大学のカップルとスーパーですれ違うと何故かこっちが気まずいなとか・・・、人生には悔しさとか劣等感が大事なんじゃないかな?とか、早稲田ラグビー部って強いな!とか、振り返ると全然たくさんといえるほど考えてないんだなと思いました。



明日は少しでも成長できるように精進します。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



今日の朝決めたことが、早速できなかった。23時半から書き始めるはずが、気がつけばテッペンをまわっていた。作業に集中できていたということだから、いいことなのかもしれないけど、自分で決めたことは守れる人間になりたい。



今日は、学校へ行って、卒研の調査書を作成。他の人が既に作成しているものも自由に見れることができたので、自分のを作成する前に、それらを一通り見た。自分は相変わらず、井の中の蛙状態なんだなと実感した。自分の周りの人たちの状況しか知らなかったけど、自分の学年には、自分よりも能力が高い人がまだまだいたこと、自分は他の人たちに比べたらまだまだ努力が足りないことを知ったからだ。



そんな、彼らに負けないように精進していこうと、再び決意できた、いい日だったと思う。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



また、ブログを更新せずに寝てしまった。昨日は、何でもない、テレビに夢中になっていて気がついたら、日付を越してしまっていたので、そのまま寝てしまった。これで2回目。前回は不可抗力としても、今回は完全に自分の弱さが出てしまった。実家から戻ってきて1週間経ち、学校も始まったので、今年最初の反省。



ってことで、目標を振り返ると、

目標①:毎日ブログを更新する。(30分以内に書き上げる)
目標②:テレビは1日に2時間までしか、見ない。
目標③:極力、自炊に努める
目標④:毎日6、7時間の睡眠時間を最優先に確保する
目標⑤:極力、30分程度の有酸素運動をする
目標⑥:一日の勉強の時間の割合を7(インプット)対3(アウトプット)にする。

ということでしたが、目標が多すぎて、全部を一気に実行していくのは難しいのだと実感しました。



ブログに関して、毎日更新できなかったし、30分以上かかってしまっている。書く習慣がまだできていなかったので、更新できず、自分の実力もわきまえずに良いものを書こうとしているから30分以上かかるのかなと思った。だから、今週は書く時間を23:30からと決め、30分以内に書かないと、毎日の更新もできないという二つの要素を重ね合わせて、実行できるか試したいと思う。



テレビに関して、結局のところ、2時間に収まっていない。今週の自分の生活を振り返って、そう思う。2時間以内に収めるべく、予め、テレビ番組表で情報を入手し、見たい番組は生で見ず、録画して、早送りしながら、短縮して見るということをしてみた。しかし、週の後半になると、作業能率が上がらなかったり、モチベーションが上がらなかったときに、テレビをつけてモチベーションを上げようとしたため、結局は垂れ流し状態でテレビの電源がついたままだった。確かに、モチベーションは上がるが、作業能率は上がらなかった。そのため、自己投資の時間を作るのを妨げるものとなった。来週は同様に、主に録画して見るとともに、実際にテレビをつけている時間を記録して、これからの改善材料にしたいと思う。また、ラジオを聴いている時間も同様に改善につなげていこうと思う。



自炊に関して、これはほぼ順調なスタートをきったと思う。毎日、台所に立ち、野菜を摂取できた。基本的なレパートリーが野菜炒めという面が、残念なところではあるけども、最初から高望みせず、続けられるようにゆっくりとしたペースでこなしていきたい。ただ、一番良かったのが、コンビニを利用する機会が格段に減ったこと。今週は3回の利用で済みました。



睡眠時間に関して、これはほぼできた。睡眠時間を第一優先に今週は過ごしてきたので、毎日6、7時間は確保できてました。しかし、寝る時間と起きる時間を固定しきれなかったのが反省材料として残っています。24時に寝て、6時に起きる。朝型の習慣が付くように今週も継続したいと思う。



運動に関して、全然ダメだった。うまく時間をつくることができない。外は寒く、明らかに運動するような雰囲気じゃないと、言い訳を作ってしまっていた。だから、今週したことといえば、買い物のときに、車を使わずに歩いていったことぐらいです。それも毎日ではなく3日に1回ぐらいなので、全くダメだ。改善策を探るのが今週のタスクとなりそうです。今の段階では、買い物には歩いて行くことぐらいしか思いつきません。



勉強時間に関して、インプットなんだか、アウトプットなんだか、中途半端な時間が多かった。学校のタスクばっかりに追われて、自己投資に時間を割けていなかった。進捗が遅れているタスクが溜まってくると、それを追いかけるばかりで、ただ事務作業に終わってしまい、そのタスクの本質を学べなかったりする。本を読む時間も確保できなかったし、今週は1冊しか読めなかった。この1冊も去年に途中まで読んでいたものを読み終えただけなので、対した読んでない。インプットも充分にできてなかったし、アウトプットも充分にできていなかった。ここ3日間、PHPのプログラムを書いてるけど、自分の書いているものはPHPプログラムというよりはhtmlっていう感じで、時間をかけている割には、大したことをやっていない現実にめげそうになる。でも、それが今の実力なんだなと・・・・。今週はとりあえず、毎日読書の時間を確保し、インプットの安定を図りたいと思います。あと、最近思うのが、自分がRSS登録しているブログを読むことはインプット活動になるのかということ。結構、このブログを読んでいる時間が結構長いので、これが自分のインプットに貢献していないと、これほど浪費している時間はないと思った。一応、インプットに繋がるものだと思っているのだけれども・・・。



まとめると

・ブログを毎日23:30から書き始めて、30分以内に更新する
・テレビ・ラジオを利用している時間を記録する
・毎日の自炊をつづける
・寝る時間と起きる時間を一定にする
・買い物は歩いていく。
・読書の時間を確保する。




こんな感じで、今週も生産的な人間を目指して、過ごして行こうと思う。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



今日、来年度に受講できる特別講義の説明会に参加した。企業の方々から直接指導をいただける、実践形式の講義で、とても忙しくなるが、自分のスキルアップには間違いないということので、結構乗り気になった。でも、その説明会に来ていたのは自分も含めて5名くらい。説明に来てくれたのは教授陣が7名にその講義を今年受けていた先輩2名。聞いている人間の方が少なくて、あっけに取られてしまった。先生方の力の入り方は説明を聞いて充分伝わってきたから、もっと他の人もこの機会を利用すべきだと思った。



そんな説明会の中で、先輩から受講した感想などを聞く時間があった。少人数の聴講者ではあったけども、広い講義室での説明会だったので、マイクを使っての先輩からの説明。しかし、先輩の説明など全く頭に入ってこなかった。先輩のマイクの持ち方に目を奪われていたから。



2名の先輩は二人とも、今にもカラオケで熱唱するかのようなマイクの持ち方だった。正直、ちょっと引きました。公式の場であの持ち方はどうかと思った。人差し指、中指、薬指を上側で、親指と小指を下から挟む感じだったり、マイクの先端部の限りなく近いところをもったり、普通に持ってるけど、だんだん小指、薬指あたりが立ってきたり、マイクの下端がだんだん上を向いてきたり、左、右、左と何回もマイクを持ち替えたり、マイクの動きと指先の動きに目を奪われすぎました。



自分もカラオケでは、テンションが上がって、そのようなマイクの持ち方になってると思うので、大きくは否定できませんが、学校のような公的な場では意識して控えて欲しいと思いました。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



タスクに追われ始めてる。タスクをこなしきれていないので、自己投資に時間を割くことに集中し切れていない。早くタスクを追いかける立場になりたいものです。そんな中でも以外に続いているのが、自炊です。今日で3日坊主を突破しました。でも作るものといえば、基本野菜炒めですよ。自炊の王道と言えば、野菜炒めか、チャーハンか、カレーでしょ!ってことは明日はチャーハンかな?といいたいところだけど、明日は焼きそば。もちろん、具ありの焼きそばで。ここ3年間、具なしの焼きそばやら、チャーハンやら、ラーメンを食べ続けてきたので、今年はそんなことにならないように注意したいと思います。



今、大学院の推薦試験に向けて願書作成中。何度も文章に推敲を重ねていると、いつまでも終わらないと言うことが、つい5分前くらいにわかったので、いい加減本番用紙に書き始めます。ボクの回りの人はパソコンで作成するみたいだけど、もちろん手書きで作ります。なんだかんだ言ってもアナログ派なので。情報系の学部で学んでいるのに、いつまでたってもアナログから卒業できません。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



今日は久しぶりのグループワークのある日だったので、グループメンバー全員と久しぶりに話し合いの場があった。年を越し、昨年の反省を踏まえて、目標を携えて、自分は変わったんだという心構えのもとに、臨んだ話し合いだったのですが、相変わらず成長していない自分と向き合う結果となりました。何気ない一言一言にイライラしたり、人の悪いところばっかり探したりと、ちょっと気を張るぐらいでは、自分は変えられないんだと実感した。



でもこれだけは言いたかったけど、言えなかったことがある。それは、「会議は話し合いの場であって、確認する場ではない」ということ。これは、去年のカンブリア宮殿で楽天の三木谷社長が登場した会を見て納得した内容だった。楽天の会議は、参加者が予め会議の内容を資料などで理解しておくようにしたり、一人の発言時間を10分以内に制限するなど、会議時間を短くするように徹していた。その知識を得て、それに納得していた自分にとって、今のグループ会議のやり方にはどうにも納得いかない。



リーダーが全ての会議項目を決めて、他のメンバーはそれらの内容をその場で初見したものに対して意見を交し合う。それらの内容はリーダーとその担当者にとっては既に見た内容であり、既に理解している内容なのだから、話し合ったところで、初見の人たちにとっては、理解するのに精一杯で、それに対して自分の意見をまとめるのは、学生レベルでは難しいのではないだろうか。出きる人もいるかもしれないけど、自分を含めたグループメンバーが、その短時間のうちにその内容を理解し、その内容を既に吟味しているリーダーや担当者と対等に意見を戦わせることは難しいと思う。グループ学習と銘打って活動しているのに、このようなやり方では結局は、リーダーと担当者による偏ったものになってしまうのではないか。来月には終わってしまうという、今頃になってそんなことを思ってしまう。



しかし、リーダーや担当者に作業を任せている時点で、このようなことを大きな声で言える立場ではないのかもしれない。特に、会議の司会進行だけでなく、その内容から、全体のスケジュールまで全てを担当しているリーダーが、このグループワークにかけている時間と情熱を考えると、自分はそこまで真剣にこのグループ学習に取り組んでいないので、実際のところ、強く言えないのが現実。客観的に見ると、自分はただのヒネクレものだろう。彼のダメなところだけを見て、批判しているだけの自分は、無能な人間であるということを痛感してきました。



思ったことや感じたことに一喜一憂したり、その度に思ったままを発言することなく、冷静にその裏にあるもの、背景を吟味し、常に、総合的に考察できるような人間を目指したいと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



昨日は具合が悪くなり、更新ができなかったので、こんな時間の更新。前にも何回かあるんだけど、喉の奥なのか、気管なのか、よくわからないけど、締め付けられるように痛みが数分おきに出てくる。前までは、朝起きた時に発症していたんだけど、昨日は晩飯の直前にいきなり発症したのでビビッた。未だに何が原因なのかわからない。たばこが原因なのか、二日連続でソファにもたれかかるように変な姿勢で寝ていたのが原因なのか。寝て起きたら、良くなっていたのでとりあえず安心した。



昨日はレポートの締め切りとの戦いの日だった。レポート課題は1日でやるもんじゃないと実感。全く自分の書いた文章を吟味することができなかった。参考文献の丸写しだけはしたくなかったので、読んだ文章を理解し、自分の文章で書く努力をしたけど、それに思ったよりも時間がかかってしまった。結局は妥協してしまった部分もあるんだけども・・・。



16時までに終わらせて、16時半からの講義に出る予定だったのに、その時間になっても全く完成するメドがたたなかったので、講義を諦め、レポートに専念した。そんで終わったのが、17時半。やり方次第では、16時までに終わったのではないかと書き終わったときに思った。



これで何回目のレポート作成になるかわからないけど、その都度、一から考えてレポートに向き合っているから、こんなに時間がかかるのではないかと。もちろん、毎回違うテーマのレポートを作成しているけど、気付かぬうちに同じ手順で作成しているのでないかと。



まず図書館で参考文献がないか探り、それでダメならググってWebページを参考にする。図書館に行く余裕がなければ、最初ッからググって片っ端からWebページを拾ってくる。



実際に書く作業も、時間に余裕があれば、それらの中の該当文章を通読し、自分で文章を再構成するのだけども、締め切りギリギリの時は、該当文章を切り貼りするという完全に機械的な作業となってしまう。



過去の自分のレポート作成を思い返すと、そんな機械的な作業が多かった気がする。機械的な作業というとシステム化されているようで、時間効率がよさそうな響きだけど、そんな方法で文章構成能力が向上できるわけもなく、3年経ってもレポート作成を難儀に感じてしまうのは、能力を向上させることをさぼり、その抜け道を探求した結果が切り貼りという技術なのかもしれない。いや、そうだろう。そんなことを振り返ってみて、今自分が考えるレポート作成手順はこんな感じだろう。



  • レポート課題の理解

  • 何を問われているのか、課題の中心となるものは何なのか、問題作成者は回答者に何を求めているか、などを理解することが重要であり、この作業に一番時間をかけるべきではないかと、最近読んだビジネス書の影響を受けて思った。

  • 文章構成の作成

  • いきなり書き始めずに大まかなストーリーというか枠組みを作成する。

  • 下書き

  • 文章構成にそって、下書きを始める。完成度とか考えずにどんどん書いていく。このときの分量は文字制限や最低文字数の2倍程度のものが理想だと思う。

  • 推敲

  • 下書きを書いたのとは別の日に下書きを読み直し、訂正を加えていき、理想の文字数に収めていく。別の日というのが重要で、自分の書いた文章をより冷静にみれると思う。時間に余裕があれば、訂正を加えた文章をまた別の日に読み直し、さらに訂正を加えることが望ましい。


これらの作成工程の中で、授業資料、参考文献を理解するという工程も随時必要になってくる。ただ、これは自分の知らない領域に関して必要な工程であり、普段の講義で充分理解していれば、節約できる工程であると思う。当たり前か…。



この手順を書いてみて思ったのは、特に当たり障りのない、当たり前のような工程なのかということ。というか間違いなく、既に誰かが提唱しているようなもので、既に自分自身もいくつかの本で読んだものであり、誰かが言ってたようなものだということ。だから自分の考えたものではなく、これまで読んだこと、聞いたことのある方法なのにも関わらず、未だに自分の能力として習慣化されていない現実。



レポート課題は、講義を受けてインプットしているものに対するアウトプット活動であると思うので、もっと有意義に時間を使っておけばと反省しています。有意義に使えなかったために昨日の講義でインプット作業をすることができなかったので…。あと何回レポート課題があるのかわからないけど、機会があれば今度こそ、これらの知識を活かしてみようと思う。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



昨日は17時ぐらいに駅に着いて、1時間ぐらいかけてアパートまで歩いて帰った。運動する時間を作るほどのスケジューリング能力がないので、普段の生活に歩くことを極力入れてみようと思ったのがきっかけ。水分の多い雪が絶え間なく降っていたのでアパートに着いたことにはビショビショ。戻ってきた日から最悪なスタートとなった。



その後、友人達と飯を食いに行き、友人宅でしばしトーク。自分があまりの眠さに帰ろうとしたら、他の人も一緒に帰ることになり、空気の読めないことをまたしてしまったのではないかと今日になって反省しています。



そのトークの中で、友人達の積極的なアウトプット活動を聞き、いい刺激を受けました。そんな刺激が冷めやらない今日、早速、年末年始に実家では一切目をそらしてきた現実と向き合いました。自分には今どれだけの課題やタスク、やるべきこと(タスクと一緒か・・・)があるのかを整理し、「レバレッジ時間術」で学んだスケジューリングを組もうと思ったら、まだ余裕だと思っていたレポート課題の締め切りが明日であることが判明。どんまいレベルじゃない。しかも、他のやることの締め切りをひとつひとつ確認したら、今週、来週までにやらないといけないことが多数あることがわかった。実家に2週間近く帰ってる余裕なんてどこにもなかった。実家に帰る前は、戻ってきてからやればこれくらいできるだろうと踏んでいた量のタスクが、今日、「レバレッジ時間術」を読んで学んだ知識を活かして確認すると、大きくそびえ立って見えてきた。



その学んだ知識とは1日1日ごとに目の前にあるタスクをただ闇雲に消化していくのではなく、
タスクの締め切り日付や消化目標の日付から俯瞰逆算し、ひとつのタスクをいくつかのプロセスに分けて、スケジューリングしていくということ。世間では既に当たり前のことかもしれないけど、そんな当たり前のこともできていなかった自分にとっては、是非とも試してみたいものだった。



複数のプロセスに分けようもないほど切羽詰った状況なんだけども、早く、本で学んだ知識を習慣化できるように、目の前の課題だけにとらわれずに、実践していきたいと思う。



余談になってしまうが、昨日の電車の乗り換え時間に余裕があったので、本屋に立ち寄った際のはなし。雑誌コーナーで雑誌を横向きにし、真剣に立ち読みしている40代ぐらいの男性がいた。何を読んだいるのか、何故か興味がでたので、近寄ると、キャバクラの広告欄をマジマジと見ていた。そのお店の女の子がずらりと並んだやつ。すごい真剣な目で品定めをしているようだった。結構まわりにも人がいたのに、周りの目を気にすることなく、没頭しているようだった。そんな集中力、度胸に圧倒されてしまった出来事でした。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



一人暮らしのアパートに約2週間ぶりに帰還。暖房なしで締め切った状態だったのに、帰って来ると室温が15度でビックリ。このアパートは外観からは想像できない頑丈さだな・・・。



いろいろ書きたいこともあったけど、あまりの眠さに書く気力が・・・。明日書きます。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



久しぶりのロングな帰省も今日で最終日となりました。25日に来て、明日戻るので12泊13日。この期間を利用して、3冊の本を読むことができ、毎日3食キッチリ食べることができたので、たくさんの栄養と余分な脂肪をつけることができました。脂肪はホントに余計で、蕁麻疹発症の影響で、せっかくいい感じに減り始めた体重が全く意味なくなってしまった。次回からの帰省ではいかに体重を増やさないかが課題となりました。



4年ぶりの実家での年越しとなりましたが、やっぱりヒトリの年越しとは比べものにならない大晦日、正月を迎えられたので、今年こそいい年になるような気がします。ただ、10日以上実家にいて、思ったことは、一人暮らしは最高だな!ということ。最高に自由だなということ。一人暮らしに慣れてしまったら、もう実家暮らしには戻れないんだなということ。詳しいところは察して欲しいところですが・・・。



明日アパートに戻って、無事に台所、洗面所、風呂場、トイレの水が無事に流れることを今から祈っています。あとは、雪が積もっていないことに期待したいと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



昨日まで書いてきた今年の目標を整理します。



目標①:毎日ブログを更新する。(30分以内に書き上げる)
目標②:テレビは1日に2時間までしか、見ない。
目標③:極力、自炊に努める
目標④:毎日6、7時間の睡眠時間を最優先に確保する
目標⑤:極力、30分程度の有酸素運動をする
目標⑤:一日の勉強の時間の割合を7(インプット)対3(アウトプット)にする。




目標⑤がふたつあったので正確には6つの目標を実践していきたいと思います。昨日久しぶりに会った友達に、毎日、このブログをチェックしていると言われ、いい緊張感を持って今年一年やっていける気がしました。



ちょっと、この目標どおりに一日2時間以内のテレビ生活を想像してみたけど、かなり厳しいことがわかりました。ドラマ1本みようもんなら、残りは1時間。21時台の特番をみようもんなら、それで終わり、だから、めちゃイケのスペシャル(2時間半)は二日間に分けて見ないといけない。あと、一番痛いのが、テレビを見る時間にラジオを聴く時間を加えなければいけないのではないかという、少々胸が痛くなる問題。どっぷりではないけれど、うっすらラジオフリークな自分にとっては死活問題かもしない。毎週欠かさないように努力している番組が、爆笑問題カーボーイとナイナイのオールナイトニッポン。これも両方2時間番組なので、これだけで、一日の消費可能時間を終えてしまう。さらに、今年からは、伊集院のラジオも積極的に聴こうとしていたから、さらに回らなくなる。一応、1週間ぐらいは1日2時間制限で試してみようと思うけど、これはかなりの精神力をもって、臨まないと厳しい気がしてきました。



そんな、既に弱気な目標も含まれていますが、こんな感じで一年を過ごしていきたいと思います。帰省生活もあと1日となったので、明日あたりは帰省生活を振り返りたいと思います。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



今年は大学4年目を迎える。これまでの3年間を振り返ってみても、特にこれを頑張ったと言い切れるものが何一つない。何となく、その場しのぎにこなしてきたと思います。だから、何の技術が身に付いたのかと自問自答してみても、返ってくる答えはそこそこブラインドタッチができるようになったことぐらいだと思う。そんな技術も、周りの同級生達に比べると全く対したことはない。むしろ普通以下かもしれない。



だから今年はよりインプットを充実させようと思っている。



バイトを都合の良い言い訳に使ってきた3年間を今年一年で払拭したい。特にインプットで大事にしたいのが本を読む時間。年末年始にかけて読んだ本、「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化する方法-」。3日連続の登場にこの本にドップリ影響を受けていることが伝わっているとありがたい。優良な情報を得られる確率というのは、知識を得るために、自分が投資した額に比例するのだ、ということをこの本から教わった気がします。この本にこのような文章が直接書いてあったんだか、自分で勝手に膨らませた文章なんだか、既に覚えていないという、信憑性の全くない情報ですが、自分では充分にうなずける定義だと考えています。無料で得られるテレビやインターネットの情報だけでなく、本などの有料な情報源と多く触れ合うことで、多くの知識を蓄え、身につけるだけでなく、より多くの情報の中から優良な情報を取捨選択できる技術を少しでも磨いていきたいと思ういます。



そして、その得た情報を無造作に頭の中に突っ込むのではなく、効率よくアウトプットしていくことで、頭の中を整理し、自分自身の能力として定着させていきたいと思っている。


これも上記の本の影響をめちゃめちゃ受けた結果となっています。それに、最近飲む機会の増えた友人達の影響もかなりあると思っています。その友人達と比べて、自分は全くプログムを書いていない。効率や能率などの、形ばっかりの知識だけを増やして全く実践していなかった。そんなことを今更気付いた自分が恥ずかしいけれども、思ったが吉日、今年はやってやるって!精神で挑んでいきたいと思います。



目標⑤:一日の勉強の時間の割合を7(インプット)対3(アウトプット)にする。



インプットの時間に本を読んだりして知識を蓄え、アウトプットの時間にプログラミングなど実践してみたり、ブログなど文章に書くことで知識を整理していこうと考えています。これはあくまでも自分の頭の中で究極の理想論で考えていることなので、試行錯誤していこうと思います。



今日は書き上げるのに30分以上かかってしまった。相変わらず、反省の日々です。








↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



正月はテレビに毒される毎日です。朝から晩までテレビ漬け。その日の行動選択もテレビ欄とにらめっこしてから始まり、そのお気に入り番組を優先して1日が終わる。これも正月の醍醐味なのかとも思ってしまうけど、普段の自分の生活も特に代わり映えしないようにも思えてくる。家に帰って来たらテレビをつけて、常にテレビに耳を傾けながら何かをするというのが自分のルーティーンとなっていると思う。だから、生産性の上がらない日々であったのかもしれないし、きっとそうだと思う。だから、2008年はテレビに使う時間を制限しようと決意した。テレビっ子の自分としては苦渋の決断となってしまったが、テレビから得られる情報に限界を感じ始めたので、これを期に少しでも自分にとってイイ方向にいけばいいと思う。



目標②:テレビは1日に2時間までしか、見ない。



あと去年を振り返った時にやってしまったというか、失敗したなぁと思うことの一つに体調を崩したことがあげられる。一人暮らしをして初めて、風邪を引いて熱を出した。一人暮らしだと病院に行くのもツライし、それに加えて、買い物や食事の用意、洗濯といった身の回りのことまで、ひとりでこなさなきゃいけないことの難しさを嫌と言うほど痛感した年でもあった。しかも、年末には蕁麻疹を発症させてしまい、結構早めに予定していた飲み会に参加できなかったし、せっかくの友人の飲みの誘いを断ることにもなったし、友人が飲んでいる席で、ひとり、ノンアルコールで過ごすという空気の読めないこともしてしまった。だから、病気ということを理由に自分の行動を制限させたくない。病気が発症した理由を考えてみると、それは単純明快であり、単なる不摂生なだけだと思う。偏った食事や、睡眠不足、そして運動不足。自炊しないから偏った食事になり、無計画に遊んだり、タスクをだらだらこなしてしまうから睡眠不足になり、引き篭もってしまうから運動不足になる。3つ目の理由付けにはやや無理があるけど、とにかく運動をしなきゃいけないと思った。睡眠をあまりとらなくても活動できる人の話をよく聞くので、それにならって、多少無理に自分を追い込んでみたりしたのだけども、どうも自分にはあっていないように実際にやってみて思いました。追い込んだ結果はたいてい上手くいってないし、その後は睡眠不足から来る脱力感にやられるか、病魔にやられてしまうかのどちらかになってしまう。だから、睡眠時間の確保は最優先で活動していこうと決めました。また、来年の大きなテーマとして『自己管理を徹底したい』というのがあり、自分の食生活も管理できないようでは自己管理など言えた口ではなくなってしまうので、積極的に自炊に挑戦して行こうと思うわけです。



目標③:極力、自炊に努める
目標④:毎日6、7時間の睡眠時間を最優先に確保する
目標⑤:極力、30分程度の有酸素運動をする



「極力」という言葉を使って、妥協しているようだが、焦らずに続けられるようにこなしていきたいと思う。この食事とか睡眠とか運動を考えるようになったきっかけも、年末の読んだ「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化する方法-」という本なので、これが自分にあったものなのかを1年間かけて、検証していきたいと思います。もう書き始めて30分経ってしまったので、今日はこのへんで。








↑↑
ポチッとな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。