上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070227023500.jpg




どうも、ボクです。



最近はまっている野菜ジュース。



毎日っていうくらい同じコンビニでバイト帰りに購入。
毎回同じ店員だから、いいかげん覚えられる可能性大。



んなことはどうでもよくて、先日久しぶりに女の子からメールを受信。
『アドレス変更しました。○○○(←名前)』
誰やねん!って数分思い出すのに時間かかったけど、
去年出会って、結構、いやいや、アリアリだった子からのメールだった。
何で一年近く連絡取り合ってないのにどうしてだ??
っとさらに数時間戸惑いを感じながらもとりあえず本人確認の
メールを送ったら、いい感じに返信してた。いい感じってのは、
ボク的には絵文字が多く使われていたらそう思っちゃってるだけなんだけど。
お互いの現状を探りあいつつだったけど、非常に興奮しました(笑)。



ってこれも本題ではなくて、先日のバイトでの出来事を愚痴りたい。



ボクの働いている飲食店は某バライティー番組にも登場するような
全国規模の外食店舗です。日曜の午後7時、有名なお店じゃなくても
一番混む時間帯ですよ。こんなことは義務教育を受けた人間なら
誰でも簡単に予想の出来ることですよ。いや、リアルに!



そんなときにかかってきた一本の電話
「大人4人で子供3人、子供2人は小せーから広い座敷の席空いてる?」(客)
「ただいま満席でして、席が空くのに時間がかかりますけども」(ボク)
「何分くらいかかんの(怒)?」(客)

(いやいや、何怒ってんだよ…)

「座敷のお席は、先ほど入って来たばかりですので
正確な時間はわかりません(汗)」(ボク)
「だから、何分かかるんだよ(怒怒)!」(客)

(だから、なんでキレ口調なんだよ…)

「ただいま、確認して参りますので少々お待ち下さい」(ボク)

電話を保留にして、店長に確認すると30分以上かかるとお伝えしてとのこと。

「お待たせいたしました。座敷のお客様がお食事中ですので、
30分以上はかかると思います。」(ボク)
「おめぇ、声小せーんだよ(怒怒怒)!!!」(客)

と言葉を殴り捨て電話を切られました。



どうやら、ボクの住んでいる田舎は常識のない人たちが多いみたいです。



予約もなしに日曜の一番混んでいる時間に電話してくる時点でも
非常識なのに、一番広い座敷の席を要求し、さらに上から目線でモノを言うかね。
飲食店を救急病院と勘違いしてるんでないかな。
確かに、ボクの電話対応の悪さも否定できませんが、
今思い出しても、腹が立って仕方がない。



あんな親に育てられた子供は絶対にロクな大人にならないはずだ。
いや、なるわけがない。
飲食店をやって一年以上経つけども、ほんとワガママで非常識な
人たちが多いっていうことを学んでいる。
そこまでの常識人じゃないボクが常識が足りないって思うことは
やばいぐらいに常識がないってことだから、もう1回義務教育から
やり直したほうがいい。ボクの通っている大学の人たちもよく食べに来るけども、
これまた常識がない。だから、バイトの店長や先輩に
「○○大のやつだろ?」ってズバリ当てられ、
ボクがやつらの変わりに嫌な顔をされる。もちろん、常識が
あって、むしろ好印象な人たちもいるんだけど、一部のヤカラ
のせいで、ボクの通っている大学の印象は最悪である。



こういう嫌な客は絶対に接客業というものをやったことがないし、
そういう奴に限って、お客は神様で、店員はその命令に絶対服従だと
勘違いしている。本当にたちが悪い。だから、こういう人たち
には人生で一度は接客業を経験してほしい。ってかやってみろよ。
今までどれだけ自分たちがしてきた恥ずべき行為を身に染みて感じるはずだ。



この出来事を振り返って思ったのが、それぞれの立場に立たないと
本当の意味での理解はありえないっていうこと。



接客業をやったことのない人間に接客業の大変さは理解できない。
だから、そんな人に何を言ってもその態度は改善されないし、
死ぬまで強欲な人間で終わるだろう。



イジメの辛さは体験した人にしかわからない。
だから、エリートのおえらいさんたちが会議室で談議したって
イジメの本質は解るわけがないし、改善するわけがない。



こんなことを言い始めたらキリがないんだけども、どうやったって
理解できない立場もある現実もある。



例えば、男と女の関係である。どう頑張っても、男は女の世界を、
女は男の世界を本当の意味で理解できないと思う。
だからと言って、理解しようと努力しないのは愚の骨頂である。
本当の意味で理解できないからこそ、互いが尊重しあい、歩み寄る
努力を怠ってはいけないと思う。



だから、結局何が言いたいかっていうと、



『自分の知らない世界、体験したことのフィールドの人と
話したり、接したりする時には、相手を尊重するような
思いやりのある姿勢を常に心の片隅に持っているべきである』



ということ。









↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト
2007.02.23 気晴らし。
20070223125041.jpg




どうも、ボクです。



最近運動していないので、フト運動したい衝動に駆られ
歩いて10分のところにある打ちっぱなしに行った。



閉店間際の打ちっぱなしにジャージにパーカーにニット帽、
そして、耳にはウォークマンのイヤホンをつっこみ、
ドライバーとアイアンを1本ずつもった大学生が
回りのおじさんがたの多少の冷たいような目線を感じつつも
果敢に打ちっぱなしに挑んだのであった。



これは最初のワンスイングで回りを黙らせるしかないのだ。
そしてアイアンを手にし、素振りをするかのごとく軽く振り、
小さいゴルフボールはキレイにまっすぐと飛んだ行った。



「どうだ、参ったか!!」
ボクは心の中で回りのおじさんたちに叫んだのだ。
「どんなもんじゃい!!!」



しかし、まわりのおじさんたちの反応は少しも聞こえてこなかった。
ボクの耳から聞こえる音はウォークマンから流れているELLEGARDENだけである。



冷静になろうと思い、イヤホンを外し、夢中に振り続けた。



しかし、ボクはアマチュアの大学生がやるにはやや上手かも
しれないが、回りのおじさんたちと比べるとまだまだ
インパクトの音からじぇんじぇん違う。



ボクも負けてはいられないと、持っていたアイアンを
ドライバーに切り替え、力の限りの振るスイングをかました。



打球はまっすぐ、そしてネットに当たるかのごとく大きな弧を
描いて飛んでいった。しかし、あまりの振るスイングに危うく
スイングと同時にドライバーがどっかに吹っ飛んでいきそうに
なった。



危なかった・・・。



となりのおじさんにぶつけるところだった・・・。



それからはビビってしまい、思いっきり振ることが出来なかった。
キレイなスイングを心がけ、そしていかに力をいれずに遠くに
そして、まっすぐ飛ばすかを考えて寡黙に挑んだ。



帰り際、回りのおじさんたちのスイングを見ると
やはり貫禄がちがうな!という感じだった。



当面の目標は、回りのおじさんたちを黙らせるような
スイング、打球を飛ばし、
「そこの兄ちゃんやるねぇ~」
と話しかけられることである。



当然、一夜明けた今日は筋肉痛である。









↑↑
ポチッとな。
2007.02.22 進展。
20070222003742.jpg



どうも、ボクです。



やっとこさ仮免獲得です。

間に年始のバイト9連勤や、テスト期間をはさみ
その間に高校生の入校ラッシュ。送迎の運転手にも
「まだ路上いってないのかい?」と驚かれた。

ここ数日朝6時以降に就寝するというマ逆な生活を
送っていたため、今日の8時起きは正直しんどい。

9時から検定の説明を受け、実際に車に乗ったのが
10時近くになっていた。

なにやら今日は検定の車の1台に謎の
お客さんを乗せての検定らしい

そして、お客さんを乗せての検定ではほとんどの人が
合格できないと説明のときに脅された。

謎のお客さんが乗る検定車だけにはならないように
願っていたら、その願いが通じたのかその検定車から
上手いこと逃れることが出来た。

でも自分の前に検定を受ける人が平成生まれの女の子。
「マニュアル取るんだ??」と思いつつ、その検定を
後部座席に乗って体験した。

文句なしに上手な運転だった。
発進のときのスムーズさといったら脱帽だった。
次に運転する身としてはさらにプレッシャーとなった。

いよいよ自分の検定が始まると発進の時に何度か
ガタツイてしまった。教官がペンを握るたびに
足の裏と手のひらから汗がにじみ出てくる感じがした。

しかし、検定終了後に教官から言われた言葉は
「非常に上手な運転でした。この車にお客さん乗せればよかったな。」
とお褒めのお言葉を。

その後、合格番号が掲示されるまで2時間待ち、学科試験まで
さらに1時間、学科試験の合格番号掲示まで30分、待ちすぎ。
その後、学科を続けて2時間受講。

正直、疲れた。

リアルに疲れた。

来月帰省するまでに歯医者に行くのが次のボクの使命です。









↑↑
ポチッとな。
20070219145313.jpg




どうも、ボクです。



今日からバイトが休みになったが、昨日まで9連勤。
その間、飲み会や麻雀をはさみ疲労に拍車をかけています。



昨日もバイトの男メンバーが我が家に来て飲み会っぽくなった。
先輩の一声で部屋を片付けるなど準備をしていたのに
当の本人は乗り気じゃないみたいで
「なんでやねん!」
みたいな感じ始まった飲み会だったけども
ウイイレやったり、バイトの愚痴を言い合ったりして
それなりに盛り上がった気がする。



この会でわかったのが、以外にみんなそれぞれちゃんとした
考えを持ちながら仕事をしているということ。
以外にテキトーにやっていること。
あることがきっかけでやる気を失っていること。
等々、やはり全ての行動には原因が付きまとっている
現実を目の当たりにしました。



これから自学で車に乗るけど、集中力を維持できるか
少々不安な今日この頃でした。









↑↑
ポチッとな。
2007.02.17 勝負。
20070217144447.jpg




どうも、ボクです。



大学生の三大行事。



パチンコ。
合コン。
麻雀。



昨日でやっとやり尽くしました。
唯一の武器である「平和」を軸に最後はプラスで終わったけど
結局は経験の差で一人が圧勝し、これを機に覚えようと
誘った友人がその標的となってしまった。



自分的にはとても楽しい会となったが、初心者の友人が
最初の麻雀で、やる気をなくしてしまっていないかが
心配であり、それが心残りである。









↑↑
ポチッとな。
eclipse.jpg


どうも、ボクです。



情報系の大学生としていい加減「C言語」だけでは
太刀打ちできない学年になるのでついに行動に出た。



と言っても、やはりボクは形から入るタイプ。



とりあえず、Amazonで検索し、1冊見つけたら、
『この商品を買った人はこんな商品も買っています』
という明らかな宣伝文句に惑わされ、もう1冊購入してしまった。



本棚の陳列要員にだけはならないように残り1ヶ月で少しずつ
進めていきたい









↑↑
ポチッとな。
2007.02.15 これからは。
20070215164401.jpg


写真を毎回載せます。

どうも、ボクです。

先日バイト終わりに友人の羨ましい話を聞いたので
ひたすらこのマシンにその悔しさをぶつけてます。

今日もバイトです。
来週仮免です。
21歳です。
お金稼ぎます。
貯金します。
親に負担をかけません。
自立します。
親孝行します。

また病んできました。










↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



バイトの自給が10円上がりました。
けれども、自給が上がった理由が特に思いつきません。
本格的な料理の調理を少しずつやり始めてはいるんだけども、所詮まだまだ若輩者です。けれども、同期のやつとこれでやっと差を作ることができ正直、リアルに嬉しいです(出川風)。

先日、店長とバイトを既に辞め、就職が決まり、今春から社会人となる大学生の先輩と飲みに行く機会があった。関西出身の先輩でよくしゃべる人というイメージしかなかったけども、話してみると店長の言っていたとうりの天才肌の先輩だった。とにかく、他人とのコミュニケーション能力が以上に高い。就職活動で一緒の面接になった初対面の人とその場で意気投合し、そのまま親友ぐらいの関係を築ける人らしい。理系の大学に通っていたのに営業職で就職したのがうなづける感じだった。

とてもうらやましい能力である。

ボクの場合は、自ら警戒線を引いてしまい、どうにも親しく接するのが苦手です。親しくなるに相当な時間を必要とします。仮にすごい勢いで親しくなったとしても、次の日に会うと、それと同じテンションで接することが出来ない。自分からガツガツ行くと、「コイツ、うぜー。」もしくは「こいつ調子乗ってるな。」と思われるんじゃないかと警戒してしまう。だから、同級生の友達でも最初は警戒して「○○くん」、「○○さん」などと名前もチョクに言えず、敬語まじりで、どうもぎこちない感じになる。そんなんだから、相手もつまらないそうにボクと接する。それは接している時の空気感からヒシヒシと伝わってくる。こうなると必然的に接していて楽なのが先輩とか年上の人たちである。敬語を使っても違和感のない関係がボクにとって非常に自然なコミュニケーション形態なのです。もしくは、積極的なコミュニケーションをする人。毎回会うたびに、自らコミュニケーションの先導を突っ切るタイプの人だと、それに合わせることができるのでこれまたボクにとっては自然なコミュニケーション形態となる。

このことは恋愛に対しても適応する。
仮に仲良くなった女の子がいても、次の日に同じテンションで自ら挨拶ができない。飲み会で酒の勢いで話した子は、特にできない。だから女友達が出来づらいんだろうなぁと自ら納得してしまう。男女間のコミュニケーションとなると、男が積極的にならないと発展しない慣例みたいものがあると思うので、ボクにとってはキビシイ環境である。まぁ、こうなったら開き直ってでもこの現状を打破するしかないんだけども、この現状を打破したいと思うような女の子との出会いがない。理想が高過ぎるだけなのかと思うけど、譲れないものは、譲れない。





『空気が読めて、お洒落な女の子』





譲れません。









↑↑
ポチッとな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。