上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも、ボクです。



(今日も終始一貫性のない文章です)



今日、ついに放送されたドラマ「東京タワー」。



先月勢いで、リリー・フランキーの「東京タワー」の本を買ってしまってずっと読んでなかったんだけども、ドラマが放送されることになぜか焦りを感じ、ドラマ版を見る前に、原作を読もうと心に決め、木曜、金曜の二日間で450ページを読破した。これまでの人生においてこんな短期間でこんなに文章を読んだことはなかった。ってか小説をちゃんと読んだのも意外と初めてかもしれない。そして、本を読み終わったのは午前3時過ぎ。ボクの近くには無数の使用済みティッシュが・・・。



一応忠告しておきますが、これは自慰行為の残骸などではなく、ボクの感動の涙と鼻水の跡なのだ。



初体験だった。



小説を読んで涙を流したのは。



泣いた、泣いた、とこの本を読んだ人は同じようなセリフを言っていた。といってもボクが聞いたのはテレビで芸能人がそんなことを言っていたのを聞いていただけである。でもその芸能人の言うとおりだった。感動と共に、親の死についてすごく深く考えさせられた。いままで、特に親不孝なことしてこなかったけど、親孝行なこともしてこなかった。急にそんなことを考えさせられた本だった。ボクは苦労を知らない。ボクは幸せな環境で育っている。そんなことも考えさせられた本だった。これからボクがどんな進路を選び、どんな職業を選ぶことが親孝行なのか、午前4時の半分寝ている脳みそをフル回転させて考えていた。結局答えは出ずに、気づけば午前11時。例のごとく、5時からのバイトの時間まで、テレビを見てグダグダして、バイトに行って。帰ってきて、録画しておいたドラマ版「東京タワー」を見た。



本とほとんどストーリー、登場人物は一緒だが、細部にわたってドラマ用で、どうにも本のような感情移入ができなかった。450ページにわたる長編、幼少期からオカンが死に、その後までを2時間半のドラマにまとめること事態が無理な話だったのかもしれない。でも、オカン役の女優はハマリ役だった気がする。本でボクがイメージした通りの母って感じでよかった。んでさらに良かったのが主人公の彼女役の広末涼子。本では主人公の彼女はそんなに重要な地位を持っていなかったはずなのにドラマでは完全に助演女優賞もの。



ずばり、ボクの理想の彼女像だった。ガツガツしてなくて、全体的に清楚なイメージ、料理が上手で社交的。さらに、自分の親とも仲良くやれる。



完璧です。そうです、完璧なのです。



広末涼子はただドラマの一役を演じていただけなのに、完全に高感度アップだわ!見直しました。マジで恋する○秒前ですよ・・・(古っ!)。



んで、ドラマを見て思ったのが、大泉洋の存在にやや疑問を持った。



いまや全国放送に出ていても、誰も驚かなくなってしまったのかもしれないけど、全国ネットに普通にでるようになったのはココ一年のことで、すさまじいスピードで全国区になったということを忘れてはいけないと思う。基本はローカルタレントのはず。ここで勘違いしてほしくないのが、今のテレビの出方を批判しているわけではないということ。出世作である「水曜どうでしょう」の存在を忘れずにこれからも全国ネットという新しい土俵で頑張って欲しいということである。新しいって言っても、もう板に付いてる感じだけども・・・。要するに、このまま天狗になって潰れることがないように、そろそろ「どうでしょう班」に大泉洋を懲らしめてほしいということ。そろそろ「水曜どうでしょう」の新作が恋しい季節となってまいりました。おそらく天狗になりかけている大泉洋に、是非ともお得意のドッキリをお見舞いして欲しいと心から願っております。



またもや今回もよくわかんない方向に脱線してしまったんだけども、今回言いたかったことは、



親孝行しよう!



本を読まずにドラマを見た人は、是非とも本も読みましょう!!



水曜どうでしょうの新作を心の底から待っています!!!



ってことでした。









↑↑
ポチッとな。
スポンサーサイト


どうも、ボクです。



(今日も終始一貫性のない文章です)



今日は知り合いとの飲み会があるはずだったんだけども、どうやら延期されたらしく拍子抜けしてしまった。しかも、ボクが聞かなかったら何も言われないままだったようだ。



なんじゃそりゃ!!!



怒りではないけど、やるせない感じになっちゃったから勢いでまた更新。ホントに適当な人たちだなぁとつくづく感じてしまった。この前も鍋をやろうと言っていた張本人が当日になって行くつもりはないと言い出したり(結局はちゃんと来たんだけど・・・)となんともルーズな感じ。ストーリー性が全くのゼロで書いているボク以外なんのことを言っているのか訳ワカメみたいな状態かもしんないけど、要するに何が言いたいかっていうと、最近の人たちは人付き合いが無頓着だな!っていうこと。



まぁ、ボクが神経質過ぎるだけなのかもしんないんだけど、どうしてそこまで無神経でいられるのかがわからない。適当な関係でいいやと思われているのだとすると納得の行動なんだけど、ボクが神経質になっているのはそんな薄っぺらい、どうでもいいと思っている人たちではないからなので正直ショックです。ショックだよ。やっぱどうでもいい、っていうかむしろ都合のいい存在としか思われていないのかもしれない。



最近つくづく思うのが、人付き合いこそ人生の大部分を占めていて、人生を楽しんでいる人はその人付き合いが上手で、逆に苦しんでいる人はそれが苦手なんだろうなぁってこと。人間なんてどうせ一人では生きていけないんだから、どこかかしこで人に頼らざるを得ない部分が出てくる。だから人付き合いが大事なんじゃないかって思うわけで・・・。でもその人付き合いはとことん難しいわけで・・・。人生21年が経ったけど全く攻略法がわからないわけで・・・。って純君っぽくなってしまった。



まぁ、結局ここで言いたかったことは、人付き合いが上手な人間になりたいってこと。人付き合いが上手いってのは、人から信頼されたり、慕われたりするってこと。だから人付き合いの上手い人は、飲み会が中止になったのを当日の、しかも、自分から聞かないと教えてもらえないような人ではないのだ。まだまだ修行がたいないようですな。



最近は大学という狭い閉鎖的な環境に留まっている自分に憤りを感じ、違う方向に積極的に働きかけた結果が今日の惨事ですよ。他にも結構誘いの声をかけているつもりだけど、世間はどうやら金欠らしく、どれもこれも「給料日以降に」という決まり文句で締めくくられてしまう。ホントに誘ってくれるのかな???誰もが誘いたくなるような魅力的な人間になりたい。そぅ、北海道のスター新庄のように!って、んなことはないよ(タモリ風、ってかコージー富田風)!



何件かの飲み会が重なってきそうで恐い夜なのだ。









↑↑
ポチッとな。


どうも、ボクです。



前回に更新したのがいつのことやら、ってな状態での更新だけども、今日は朝からどうにもこうにも気分が乗らず、大学の授業も課題もはかどらず、気晴らしにやってみたウイイレもどうにも気分が乗らず、来月に2作目が発売されるからその復習として、また最初から始めようと思っていた龍が如くにも手が出ず、どうにもこうにもいかないので、とりあえずパソコンに向かったら、友人のブログが考えさせる、ボクにとっては熱い文章を書いていたので堪らずに更新してみた次第。



さっそく訳わからん枕から始まった久しぶりの更新だけども、この更新していない期間は特に何も無かったわけではなく、むしろ珍事件からボクの人生を左右しかねない(これは言い過ぎ・・・)事件まで起こってあっという間の期間だった。でもこのブログを更新しようと思わなかったのは、いろんな迷いがボクの心の中に出てきたからだったんだけども、今日のグダグダ感と、近くに雷が落ちてるせいか、地震が起きてるからかわからないアパートの揺れにイライラしている勢いで書いちゃえ~っていままで書いたことの無いような口調で走り書きしてます。すでに文章の中で語尾・口調が統一されてないんだけども、このまま続けます。



前まで書いていたボクの文章は、どうにもこうにもバイトの愚痴と自分のダラシナイ生活を自らこの異次元空間に投げ出して、誰かに聞いてもらおうとするものが多かった気がする。でも、このブログを読んでくれて返答・応答をしてくれるのは、大学の友人ぐらいなもんだから別にここに書かなくても、直接言えばいいじゃん、みたいな。しかも、友人と過ごしてない時間の出来事をココに書いちゃえば、ほとんど家と学校とバイトの繰り返ししかしていないボクにとって、友人との会話のネタがなくなっちゃうじゃん、みたいな。そんな葛藤が大分前からあった。



それだけじゃない。



ここで愚痴をこぼしたり、過去の失敗を嘆いている時間があるのなら、この記事を書いている時間をもっと改善の道へと迎えるような時間として使った方がいいんじゃないか、みたいな。最近はバイトの人と飲む機会が多いんだけども、同じ大学の人たちじゃない、他の大学の人や、フリーターの人たちと話していると、どうにも小さい世界でちっぽけな悩みを投げているだけの自分を痛感し、今まで、大した努力もせずにここでタダ不満を吐き出していた自分が嫌に思ったり。大学生という親から与えられた恵まれた環境に甘え、将来のことを考えているつもりだけで、ちっとも進歩のない自分に気づいたりもしたりしている。



過去を振り返ってみても、ホントに努力したと言い切れるのはほんの少しの期間だけなのかもしれない。先の光景を思い描かず、ただ目の前の出来事を上手く、そして如何に手を抜いて楽に、そして楽しめるかばかりを考え、選んできたことか。その代償というか、しっぺ返しというか、たたりというか、ちゃんと当然の結果として帰ってきていることを実感し始めました。



高校時代、全校応援の野球の試合でホームランを打つ!なんて意気込んで高校野球をやっていたはずなのに、最後の試合で唯一のチャンスに代打を送られる始末。



ちっぽけな田舎をダサいと思い、都会の慌しさをカッコイイと思い、大して勉強もしてないのに、東京の大学に進学するっていろんな人に言ってたのに、今通っている大学は人口30万人も満たない地方都市の大学。



こんなこと言い始めたらキリがないし、こんな過去のことを今でも引きずっている自分にも嫌気がしてくる。同じ失敗を繰り返すのはホントのバカだと思うし、失敗から何も学ばないのもバカだと思う。そして、そう思っていて、その二つとも当てはまるボク自身はもっとバカだと思う。



こう書き始めるとやっぱり思うのが、ここに書いているのは自分の苦しみを他人に理解してもらおう、同情してもらおう、慰めてもらおうとしているだけなんじゃないか、ということ。これは自分が弱い人間だと宣言しているだけではないのか、自分は一人で生きていけない人間だと世界に発信しているだけではないのか、ということ。その反面、人は一人では絶対に生きていけないということを大学生活で友達に課題を教えてもらったり、バイトの人たちと遊んで過ごす時間を通して感じたりもしている。





ってな感じで今の頭の中はハッチャカ、メッチャカな感じ。



社会にでるまであと最低2年はあるから、残りの2年は、社会に出たときにも、結婚したときにも、子供が生まれたときにも、孫が生まれたときにも、定年退職したときにも、死ぬときにも、「あの2年があるから今の自分があるんだ」と充実した気分で思えるような時間にしたい。今までのような後悔するような時間にしたくない。だから、これを機に今までの嫌いな自分を変えて生きたい。



ってことでまずは肉体改造からやりたいと思う。このブログでもカラダスキャンを買って、ちょっとはやっていのだけども、毎日計っていても大した変化が無くすぐに挫折してしまった。というのも、しっかりとした目標値をきめていなかったのが原因だと思った。だから今回はちゃんと目標値を以下のように設定した。





体年齢 21歳





とりあえず今年中に21歳の体になることが目標。ちなみに現在は34歳。このブログを有効活用してあと2年はある大学生活を充実させようと思います。





ブログ復活宣言!









↑↑
ポチッとな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。