上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



帰省時期になると読書週間が復活する。



















この4冊。



今年の累計33冊。年内に50冊読めるか、読めないかのペースだな。


スポンサーサイト






どうもボクです。



友達に借りた本です。
読んでいて、羽生さんの勤勉さが伝わってくる1冊。
将棋だけではなく、いろんな知識を豊富に持っている印象を受ける1冊。
プロの棋士であるために、日々の努力を怠らないという決意が感じ取れる1冊。
そんな中でボクの心を打った言葉。



『才能とは、継続できる情熱である』



そんな才能を持っている羽生さんの思考を覗けたような1冊でした。



(決断力についての感想を書けてない・・・)
(もっと読みたくなるような感想を書けるようになりたいものです・・・)




どうも、ボクです。







先日に、大学でばったりと元所属していたサークルの先輩に会った。
そして、一言。



「太ったなぁ~」



自分では気づいていたけど、
他人から言われるとグサッとくる一言ってのは、こういうのでしょう。
ただ、こういうことを正直に言ってくる人が近くにいるっていうのも
ありがいことなんだなぁ、とも思った。



そんな時にこの本の存在を知った。
ボクは、この本が自分に対して、
筋トレの高いモチベーションを与えてくれるものだ!
と期待して読み出したが、
筋トレの必要性と重要性、そして何より
筋トレというのが、短期的に成果を求めるものではなく、
継続して、初めて成果のでるものであるということを知った。
(こんなんだったような・・・)



あと「筋トレ≠ダイエット」ということを学んだ。
筋肉をつける運動と、減量する運動は一致せず、
目的に沿ったトレーニングが必要らしい。
そして、明確な目的と目標の設定が筋トレの継続に絶対必須であり、
これらを達成するために、自分を律し、実現に向けて継続する過程が
ビジネスに直結するようです。



自分が該当する20~30代は、
『思う存分、好きなだけ』トレーニングをやれる時期らしい。



やるっきゃない!



目的は、就活時に、自己管理できる人間だということ簡潔に証明できるように。
目標は、就活開始時期(来年の10月)までに体脂肪率を12%以下にすること。
(ちなみに、今は25%・・・)



このページの一番上に書かれている数字は、2年前の数字で、
どうやって変更したらいいのかわかっていない状況なので
そのままになってます・・・。



早急に改善します。



(追記)
改善しました。




どうも、ボクです。







読みたいと思っていた本ですが
自分が買う前に、友達が貸してくれました。
マジ、感謝。



この本のキーワードとしては、自己欺瞞と自己正当化だと思った。
まぁ、そのまんまの言葉で登場してるから、
誰が読んでもそのキーワードになると思うが・・・。



物語形式で説明されていて、読みやすく、実例もフンダンなんだけど、
学生身分の自分にとっては、まだまだ縁遠い実例ばかりで、
しっくりくるものはあまりなかっけど、
今までの、自分が経験してきた人間関係の中で、
自己欺瞞や自己正当化にあたるような振る舞いをしてきたのではないかと
背筋がゾクッとする瞬間がありました。



一度、自己正当化してしまうと、周りの人を人ではなく、物として扱ってしまう。
そんな自分を否定されると、更に自己正当化に走ってしまう。
自分を否定した人に対して、非難することが、さらに自分を正当化してしまう。
そんな悪循環が起きてしまっているようだ。



家族、友達との接し方を考え直すキッカケとなる1冊でした。




どうも、ボクです。







やっと読み終わった1冊。今年の正月に兄にねだって、買ってもらったもの。
フランクリン・コヴィーの手帳を利用しているのに、この本を読んだことないという
矛盾した現状を打破したく読み始めたが、やっと今日読み終わった。



読み終わった感想として、ここ半年で読んだビジネス書の著者の多くが
この本に影響を受け、この本に書かれていることを実践したり、
それぞれが試行錯誤した結果、成功へとつながったのではないかと思った。



肉体的、精神的、知的、社会・情緒的なそれぞれの側面をバランス良く研いていく、
そんな生活が内的にも公的にも満足のいく人生が送れるということをこの本から学んだ。



自分の場合、バランス良く研いているなんて言えないばかりか、
どれかに偏って研いているというわけでもない。
全体的に研き足りないというのが、今の生活の現状だ。



とりあえず、それぞれの側面で毎日継続できるようなことから探したい。
いや、探し、実践します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。