上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.07 2010年の目標
2010年が始まって、1週間が過ぎた。
昨年の反省に引き続き、年始の目標設定も遅れてしまった。
スタートから出遅れている感が否めないが、これに屈せずに更新しました。

今年の目標は、「自分の弱いところと向き合うことから逃げない!」ということに決めた。

今年は「就職活動」と「修士の研究をまとめる」という、2大イベントがあります。
これまでの人生で、最もたくさんの人と出会い、最もたくさんの人から評価される年。

これまで、向き合うことから避けていた自分の弱いところに真剣に向かい合う。
自分の弱いところは、多々あるので、このような抽象的な表現になってしまうが、
特に改善したいのが、忍耐力。

最後までやり抜かない、勝てないと思うと全力でやらない、
あと一歩を踏ん張れない、失敗することを躊躇してしまう、etc.

そんな弱い部分を、「就職活動」と「修士の研究」を通して、改善したい。
特に、就活では、そんな弱い部分をドンドン突かれる気がしてならない。
そこで、打ちひしがれるのではなく、成長の糧にしたい。

どんな結果になろうと、その結果に納得できるように、考え抜き、それを行動に移していきたい。
そんな一年にしたいと思います。
スポンサーサイト
2009.01.10 新年の抱負


どうも、ボクです。



遅くなりましたが、本年の抱負を書き込みます。



昨年の年始に立てた目標はほとんど達成することなく終わったしまった2008年となりました。
新年に目標など立てたことのない人間にとって、7つ、8つの目標はさすがに敷居が高かったのか...。
というか、口ばっかりで行動しない、自分のような人間には、
どんな目標を立てても、何も達成できないし、何も変われない。



今年はそんな自分を変えるための二つの目標を立てる。



1つは、口よりも手や足を多く動かすこと。
思ったこと、考えたことは、そのままで終わらさずに、すぐに行動に移す。



そして、もうひとつは、人の話を聞き入れること。
自分の考え、行動に対して、言ってくれたコメントを次の自分の考え、行動に活かす。



去年の自分、先月の自分、先週の自分よりも成長できるような1年にしたい。






いい意味で割り切れる人間になりたい。



完璧主義に走らず、周りに流されず、
自分のやれることに専念する。



その結果が他人よりも劣っていたとしても
その悔しさを、次のステップへのモチベーションにすればいいはずだ!



そんな気持ちで、11月を乗り切る!





日本の教育に対して、小倉宏樹さんが語っていたことが印象的だった。



大人の評価に子供が流されていくというかですね
それにまずひとつ疑問を感じているんですね
これが好きとかって
いうことではなくて
怒られるかもしれないから
やめておこうとか
相手がどう評価するかっていうことが
第一に来てしまっているんですよね



彼の日本教育に関する見解が的を得ていると思うのは、
ボク自身が、他人の評価ばかり気にしたり、
他人に気に入られようと必死になってしまう、
「お人好し」になってしまっている、
だからなのかもしれない。



先週、新ドラマ「夢をかなえるゾウ」でガネーシャは言っていた。



「やらずに後悔していることを今日からはじめろ」、と。



やらずに後悔しているを考える以前に、
やりたいことがない自分にガッカリした。



このやりたいことが見つからなかった自分の原点を、
彼の言葉から発見できた気がします。



精神的な自律の先に、ホントにやりたいことが見えてくるんだと感じた。




まずはやってみる。その姿勢が大事なんだ。
実際の検証からしか、新発見は生まれない。



大学生時代の湯川の言葉。



頭の中で考えるだけじゃなくて、実際に検証してみる。
その検証結果を見てから、判断する。
やる前から、駄目ときめつけない。



そう、決意しました。
大学の研究の話です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。